デルの人生探究日記

ちょっと気持ちが軽くなって、へー、これやってみようかな、というヒントが見つかるかもしれないブログ

クリムト展へ

こんにちは
del(デル)です。
 
クリムト展が7月10日までと気づき
今日しか行けないではないか!
ということで行ってきました
東京都美術館へ。

klimt2019.jp


12時には新宿で用事があったので、
11時にはでなくては
と思い、
開展すぐの9時半に到着の予定が
バタバタしていて着いたのが10時過ぎ。

 

f:id:del-blog:20190705175520j:plain
 
平日にも関わらず
会期終了直前ということで
すでに大勢の人が詰め掛けており、
入場まで20分待ちでした。
 
うううっ
11時には出なくてはいけないのにー
 
しかし焦ってもしょうがないので
ひたすら待ちます。
 
ようやく展示会場に入れたのが10時半。
 
もちろん
稲垣吾郎さんによる音声ガイド付きで。
 
入場制限をしているため
会場内はそれほど混雑していないものの、
列に並びながら鑑賞していたら
到底30分ではまわれそうにありません。
 
そこで
フォトリーディングの精神?を思い出し、
全てをくまなく観るのではなく、
観たいもの
好きなものを集中して鑑賞することに。
 
クリムトといえば有名な
「接吻」はありませんでしたが、
「ユディト」を始めとする
クリムトらしい
官能的で金ピカで
独特の色使いの作品が数多く展示されていました。

※展示作品はこちら


中でも私が圧倒されたのは
ベートーヴェンの第九をモチーフに
描かれたという
全長30メートルの壁画でした。

www.artpedia.jp


 
音声ガイドで稲垣さんの解説と
第九を聴きながら
あの作品を観られただけでも
上野まで行った甲斐があったなー
と思います。
 
これから土日、駆け込みの平日も
混雑するんだろうなー。
 
チケット売り場もかなり並ぶので、
オンラインで購入してから行かれることを
お勧めします。

 
待ち時間などは
ツイッターで随時更新されています。

twitter.com


 
稲垣吾郎さんの音声ガイド(550円)も是非!