デルの人生探究日記

ちょっと気持ちが軽くなって、へー、これやってみようかな、というヒントが見つかるかもしれないブログ

これから良い方向にいくための険悪

こんにちは
del(デル)です。
 
長い連休が終わり
日常がスタートしました。
 
約6ヶ月間毎日書いていたブログを
5日ほどお休みしたので
脳内が便秘状態w。
 
アウトプットしたいことが
盛りだくさんです。
 
以前高級スタバで
「夫への感謝の気持ちが…」とか
悟ったようなことを書きましたが、
 
環境やタイミングが変わると
「余裕」がなくなるからか、
「古い脳」反応がやってくるもので。
 
案の定
今年の連休も
ささいなことで険悪なムードに。

 

f:id:del-blog:20190507173951j:plain

富士山を臨む広々とした芝生

 


でも
いつもと違うのは
「絶望的な険悪」ではなく
「これから良い方向にいくための険悪」
と感じられたこと。
 
まるで土を耕している時に
「まだ固いところがあった!」
と見つけた時のように、
 
この課題を乗り越えたら
もっと良い関係になる
って思えたのです。
 
これまでは
衝突すると
とにかく嫌な気分になるので、
ほとぼりが冷めるまでお互いに避けるか、
意見をぶつけ合いすぎで傷ついて終わるか、
だったのが、
 
その出来事の何に私が反応しているのか?
客観視して
ああ、これが嫌だったんだな、と気づき
「こう感じるからこうして欲しい」と
夫に伝えることができたことが
大きいかなー、と思います。
 
具体的には
夫は家族のために、
と思ってやってくれているのは
わかっているものの、
「私の意見を聞いたり確認せずに
決めてしまうことが嫌だ」
言語化できたので、
 
「やってくれるのはありがたいけれど、
意見を聞いたり今本当にそれが欲しいのか
確認して欲しい」と
伝えることができました。
(アサーティブではなく
感情的だったけどwww)
 
これも
NVCの学びの成果かな。 

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版

NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法 新版

 

 

単なるダメ出しではなく、
「こうして欲しい」というタスクが明確で
受け取りやすかったようで、
夫は「わかった。」と素直な反応。
 
恐らく
「意見を聞いたり確認して欲しい」というのは
幼い頃の私が
もっとも両親からして欲しかったことで、
 
そこに古い脳が反応しているんだな、
というのも腑に落ちた。
 
その辺のことは
この本に詳しく書いてあります。
もう絶版で中古しかないけど
目からウロコがボロボロ

 
そうしてして欲しいことを伝えている時、
ミニdel(デル)ちゃんが癒されるような
なんとも言えない気分になって
泣きそうに。
 
これからも
ミニdel(デル)ちゃんが反応してしまう
「固い土」は出てくるだろうけれど、
 
きっと私は耕して柔らかい
肥沃な土に変えることができる
 
そう感じられた連休でした。