デルの人生探究日記

ちょっと気持ちが軽くなって、へー、これやってみようかな、というヒントが見つかるかもしれないブログ

いきなりダメ出しから入る スパルタをやめる

こんにちは
del(デル)です。
 
昨日ブログに書いた
セルフコンパッションについて
コーチと話しました。
 
セルフコンパッションについて
というよりも
 
私の日常に
いつも澱のように存在している
自分を否定したり
ダメ出しをする声の正体について。
 
その声の正体は
大きく2つの原因があることは
認識済みでして。
 
一つは
夫との関係について。
 
険悪で限界とか
暴力を振るわれてるとか
そういうことは全くなくって
 
私の古い脳の反応によって
夫とのコミュニケーションを
こじらせている感じかな。
 
それで
自分の思考回路を
「古い脳→新しい脳」
書き換えている最中なんですが
 
なにせ「古い脳回路歴」が長いもので
書き換えが難航中でw。
 
それによって
98%くらいはうまくいっているのに
たった2%くらい
嫌な態度をとったことにフォーカスして
無意識にダメ出しをしていることが
 
日常的な自己否定に
つながっているのかな、と。
 
これは
「もっと良くしたい」
という向上心があるからこそ
感じることなので
決して悪くはないんだけど、
 
「ダメ出し」しかしていないから
自分にダメージを与えている
のだと改めて気づいた。
 
もし友人に相談されたら
「そんなのダメじゃん!」
なんてダメ出しは
絶対しないのに、
 
自分に対しては
いきなりダメ出しから入る
スパルタになってる。
 
そりゃー
傷つくよね
私ちゃん。
 
かと言って
もっとよくしたいのだから
「このままでいいんじゃない?」
と甘やかすのも違う気がする。
 
・もっと良くしたい
という改善する気持ち
 
・もっと良くしようと頑張ってるんだね
と自分をねぎらう気持ち
 
両方もっていれば
いいんだな。
 
おおお
スッキリした♪

 
もう一つの大きな原因については
また改めて。