del(デル)の人生探究日記

夫婦関係、子どもの教育、働き方、ファッションなど、人生を楽しむために日々探求し、その気づきを綴っています。

じゃんけんは2回嫌な思いをするからやめよう

こんにちは
del(デル)です。
 
お友達を4人招いて開催した
娘はん(新2年)の誕生会。
 
いやー
鍛られました。
 
保育園は一緒だったけど
小学校は違う
 
小学校は同じだけど
保育園は違う
 
小学校、保育園
どちらも違う
という
 
微妙に環境が異なる
7、8歳の女子が集まると
こうも意見が分かれるものか!
とたまげました。
 
滞在していた約6時間のうち
半分以上は話し合い?(喧嘩含む)
をしてたんじゃないかな。
 
誰かが「〇〇で遊ぼう」というと
必ず誰かが「それ嫌だ」と言い、
 
2人が違う遊びをしていると
みんなで遊べなくてつまらない!
と言い争いが始まる。
 
予定では
ランチ後すぐに公園に行って
その間私はゆっくり
本でも読もうと思っていたのがw、
 
話し合いがもつれにもつれて
ようやく公園に行ったのが
解散予定時間の15分前!
 
今から行くのかよ(笑)
 
でも
子供達の力を信じて
なるべく口を挟まず
見守ることに。
 
感心したのは
意見がまとまらなくて
じゃんけんで決めようとした時
 
ある女の子が
「じゃんけんだと
負けた子が
負けるのとやりたいことをできないのと
2回嫌な思いをするからやめよう。
 
みんなが楽しい遊びを
みんなで考えようよ」
と言っていて 
確かに!
すごいなぁ!と。
 
さいころから
じゃんけんや多数決で
物事を決めることを
当たり前のように受け入れてきたけど、
意見が通らない時
なんだかもやもやしていたもんなぁ。
 
そして
私が口を挟まなくても
時間はかかっても
みんなで話し合いをしながら
「納得解」に辿りつく姿に
成長を感じました。

 

f:id:del-blog:20190407185745j:plain


 
と同時に
自分の頭に浮かんでくる
大人の勝手な価値観 
  
たとえば
「みんながこう言ってるんだから
ここは我慢すればいいのに」
みたいな「忖度モード」を
抑えるのが本当に大変で(苦笑)
 
いつのまにか
本当にやりたいことよりも
周りに合わせることを
重視している自分に
驚愕したりして。
 
ともあれ
娘はんは楽しかったみたいです。
 
私としては
保育園や学校の先生を
心から尊敬する1日となりました。