デルの人生探究日記

ちょっと気持ちが軽くなって、へー、これやってみようかな、というヒントが見つかるかもしれないブログ

「そのままのあなたでいい」と「変えるのは他人ではなく自分」って じゃあどうすればいいの?

こんにちは
del(デル)です。
 
ここ最近
ずっとモヤモヤしていたことが
ありまして。
 
つか
よくモヤモヤしてるな、
私www
 
私にとって「モヤモヤ」は、
納得するまで頭のまわりに浮遊させている
「探求対象」みたいなもので、
決してネガティブなものではないのだけれど。
 
まあ
そんなことはいいとして。
 
モヤモヤしていたこととは、
 
「そのままの私でいい」
という自己承認と、
 
「相手を変えようとするのではなく、
自分が変わる」

という相反するメッセージを
どう消化したらいいのか
ということ。
 
あー
文字にするとめんどくさい人だなぁ
私って(爆)
 
ありがたいことに、
「そのままで十分素敵なのに
なぜそんなに変わろうとするのか」
というようなことを言われることが
ここ最近度々あって。
 
一方、
夫とのコミュニケーションでは、
相変わらず
「私が正しい
あなたが変わるべき」
と思っている自分がいて、
 
でもそれは、
「夫が変わらないと自分は幸せになれない」
という自分への呪いであり、
「結局は自分が変わらなくては」
いい加減思い知らされることが度々あり、
 
「そのままでいい」のか
「変わらなくてはいけない」のか
モヤモヤしていたのです。
 
で、
今日気づいたのは、
 
「自分自身」を変える必要はないけれど、
「コミュニケーションスキル」は
バージョンアップしていった方が生きやすくなるのでは、
ということ。
 
例えていうなら、
料理人である私の腕は変わってないけれど、
ホットクックや食洗器を導入してから
料理がおいしく、楽になったように、
 
「ツール」としての
「コミュニケーションスキル」を
日々バージョンアップしたり
磨いていくことで、
料理人としての「私」も
バージョンアップしていく、
という感じでしょうか。
 
そして、
「今の料理がまずい」からではなく、
「もっとおいしく、楽になる」ために
料理をバージョンアップしようとしているように、
 
コミュニケーションを「変える」ということは、
「自分が悪いから」変わるのではなく、
「さらに良くなるため」に変えるのだということも
意識的に言語化しておかないと、
無意識に自分にバツをつけてしまうから
書いておくとしよう。
 
書いてみると
ふーーーーん・・・
 
って感じのことかもしれませんが
私にとってはビッグバンなことでした。
 
こんな風に
「モヤ」が「言葉」になって
腹落ちする瞬間が
何よりの大好物なんだよなー。