del(デル)の人生探究日記

夫婦関係、子どもの教育、働き方、ファッションなど、人生を楽しむために日々探求し、その気づきを綴っています。

ホットクックで発酵あんこ

こんにちは
del(デル)です。
 
・良質なタンパク質
・食物繊維
ポリフェノール
・鉄分
亜鉛など、
健康、美肌効果の高い成分が多く含まれるという「小豆」
 
あんこ好きなので、
自分でぜんざいなども作ってよく食べていたのですが、
毎回大量に入れる砂糖が気になっていました。
 
そんな時に知った「発酵あんこ」
 
麹を入れて発酵することで、
砂糖を入れなくても自然な甘さがでるとか。
 
ええっ
ぜんざいではいつも何百グラムも砂糖を入れるのに、
全く砂糖を入れないで甘くなんてできるの?
と半信半疑。
 
しかも発酵時間含めて8時間以上かかるので、
なかなか手を出せずにいました。
 
でも、

ホットクックを使えば全工程を任せっきりでできる、
しかも今日は時間がたっぷりある!
ということでチャレンジしてみました。

 

材料)
・小豆 1カップ
・水 3カップ
・こうじ 1カップ
・塩 お好みで

 

作り方)
①洗った小豆と水を入れてホットクックの自動つぶあんモードスタート(約3時間)

かき混ぜながら柔らかく煮てくれます。

(ホットクックがない方は、砂糖なしぜんざいを作る要領で柔らかくなるまで煮るかんじでしょうか)
 
②一旦内鍋をはずし、冷ます。

高熱だと麹菌が死んでしまうのと、熱いままだとホットクックが発酵モード(60度)にできないため。

鍋を触って人肌位までで良いと思います。

 

③麹をいれて自動甘酒モードスタート(60度 約6時間)
 
こちらも適宜混ぜながら発酵してくれます。
 

約9時間かかって完成した発酵あんこさん。

 

f:id:del-blog:20190224195926j:plain

 
気になるお味は・・・・
 
ほんとだ!
優しい甘さだ〜♪
美味しいーーー
 
娘はんも「おいしい!」とパクパク食べてました。
 

f:id:del-blog:20190224200102j:plain

 

要は砂糖なしぜんざいを煮てから60度で発酵するので、
炊飯器とかヨーグルトメーカーでもできるのだと思いますが、
小豆を煮るところから発酵まで、
ほったらかしで一つの鍋で作れるのはかなり嬉しい。
 
塩を入れてもう少し煮詰めると日持ちするようですが、
あっという間になくなりそうです。

 

今度は、

このレシピを教えてくださった、

北海道十勝の森田農場さんが発売されている

 「奇跡のアズキ 晴れ晴れ小豆」 で作ってみようと思います。