del(デル)の人生探究日記

夫婦関係、子どもの教育、働き方、ファッションなど、人生を楽しむために日々探求し、その気づきを綴っています。

私の仮説 「人生の充実度」を左右するもの

こんにちは
del(デル)です。
 
最近考えている私の仮説。
 
ものごとにはいろんなフレーム(枠組み)があって、
そのフレームを見つけたり使いこなせるということが、
「人生の充実度」を決めているのではないか
ということ。
 
フレームというよりは「基準」といった方がしっくりくるかな。
 
例えば、
唐突ですが、

私の得意分野であり、

悩んでいる方も多いと思われる「ファッション」について。
 
とかくファッションというと、
「似合うか似合わないか」
という基準で語られがちだけれど、
 
・価格
・色
・着心地
・手入れのしやすさ
・サイズ
・デザイン
・希少性
・買いやすさ(web、距離)等々
 
様々な基準があって、
 
人によって重視する基準も違うし、
同じ人でも、
シーンによって重視する基準やその「目盛り」が違ってくるし、
年齢や体型の変化でも変動する。 
 
例えば、
仕事の時は清潔感とか感じよく見えることが第一だけど、
家にいる時はとにかく暖かさが正義wだとか。
 
自分の「基準」を理解し、
その「目盛り」を使いこなしているのが「オシャレな人」で、
 
ずっとそのことを考えていても飽きない人、極めたい人が「オタク」でw、
 
自分だけでなく、
「相手」がどの「基準」や「目盛り」を求めているか、
「相手」が気づいていない「基準」や「目盛り」を提案できるのが「プロ」なのではないのか、と。
 
そういった意味では、
私は自分の基準や目盛りを理解しているし、
 
「相手」が必要な基準や目盛りを理解、提案できるので、
「プロ」だとは自負しているけれど、
そこは今は正直ほとんど興味がなくて。
 

自分の基準や目盛りを理解して使いこなせるようになるには、
勉強や習い事と一緒で、
「ある程度の試行錯誤」が必要だけれど、
 
「私には何が合いますか?」
「どこで洋服を買ったらいいですか?」と、
「答え」を求めてくる人がほとんどで。
 
かつて私もそうだったし、
今も時々そのモードになるので、
その気持ちは痛いほどよくわかります。
 
毎日毎日「選択」の連続だし、
いちいち考えるのは大変だし。
 
でも、
そうして「答え」を求めて、
「決断」を他人に委ねていると、
もっともっと答えが欲しくなって、
すぐに答えを教えてくれる人をどんどん求めてしまうんですよね。
 
そうして、
私たちが「決断」できなくなることでメリットがある人って、
誰なんでしょう。
 

たとえば
「教育」
「働き方」
「パートナーシップ」
「健康」
「お金」等々
 
人生で直面するあらゆるテーマについて、

・どんなフレームがあるのか?
・自分にとって大切なフレームはどれなのか?
を理解していることが、
「人生の充実度」を左右しているのではないか、と。
 
少なくとも私にとって、

・様々な分野のフレームや目盛りが増えていくこと、
・それを使いこなせる機会が増えること、
・失敗から気づくこと、が
 
今一番ワクワクすることで、、
「人生の充実度」を左右しています。
 
人によっては、
フレームを増やすことよりも、
一つのフレームをひたすら深めていくことが好きかもしれない。
 
でも、
「私にとってこれが大事!好き!」と言えることがある人は強いと思う。
 
そういった意味で、
私は引き続き自分の人生のフレームを探求していくし、
同じようなにおいのする人wとたくさん出会いたいなぁと思っています。
 
 
長い長ーーい独り言でした。