デルの人生探究日記

ちょっと気持ちが軽くなって、へー、これやってみようかな、というヒントが見つかるかもしれないブログ

ようやく観てきた!「ボヘミアン・ラプソディ」

こんばんは
del(デル)です。
 
11月後半かなり忙しく、
タイムラインに流れてくる
「めっちゃよかった!」という感想を横目で見ながら、
早く行きたーい!
と思っていたあれに、
今日ようやく行ってきました。
 
そう
これです。

 

www.foxmovies-jp.com


みんなの感想を読んでいると、
「号泣した!」というものが多かったので、
ポケットティッシュたくさんとタオルハンカチを詰め込んで。
 

伝説のバンド「クイーン」のボーカルフレディ・マーキュリーとメンバーたちの、
デビューからトップスターに上りつめるまでの様々な人間模様が描かれたストーリー。
 
泣けるシーンは今か今かと待っていたら、
気づいたらエンドロールが・・・・!!
 
え???
どの辺が泣くところだったのだろう。
 
 
クイーンについての前情報が全くなかったので、
単純にフレディ・マーキュリーの才能に感嘆し、
音楽を堪能していたら
いつのまにかエンディングだった、
という感じ。
 
最近左脳に偏り過ぎてたから
「感じる」筋が鈍ってたかな・・・・^^;
 
とはいえ、
つまらなかったとかでは全くなく、
純粋にサクセスストーリーとして楽しめましたし、
クイーンの曲を全く知らない私でもほとんどの曲を知っていて、
心の中ではノリノリでした。
 
みんなで歌いながら鑑賞する応援上映があるというのも納得です。
 
家に帰ったらユーチューブ見まくり、
プライムミュージックでアルバムダウンロードしまくりでしたwww
 
ただちょっと背景を知らなさ過ぎて、
話の展開が急でビックリするところが2、3箇所あったかな。
 
でも、
クイーンを知らない人も楽しめると思います。
 
個人的には、
ドラムのロジャー役のベン・ハーディーがタイプ過ぎて、
映画館から出て即ググりましたwww
 
そしたらおんなじ考えの人がたくさんいてやっぱりwww

www.cinematoday.jp

 

クイーンファンの方からすると邪道かもしれませんが、
これが私の感想です(≧∇≦)