デルの人生探究日記

ちょっと気持ちが軽くなって、へー、これやってみようかな、というヒントが見つかるかもしれないブログ

「家族会議」やってみた ① 〜試行錯誤 家族編〜

こんにちは
del(デル)です。
 
昨晩、
思いの外早く夫が帰宅し、
夕食後時間ができたので

「キタコレ!」

と思った私は、
早速昨日記事に書いた「家族会議」を開くことに。

ここからは
記念すべき我が家の家族会議第1回目のレポです。


思いつくと「行動マッハ族」の私は、
玉居子泰子さんの記事にあった6つの質問事項をワードに打ち込んでプリントアウト。

 

f:id:del-blog:20181028124448p:plain


そしておもむろに


「みなさん、
突然ですが、
チーム◯◯(我が家)をもっとよくするために、
家族会議を開きたいと思いますがどうですか?」

とお伺い。
 
娘はん「かぞくかいぎってなあに?まあいいよ」
「・・・いいよ(またなんかにはまったな)」
 
用紙を配ると
「なんかしゅくだいみたい」
「えーこんなのないよー」

などキャイキャイいいながら、
皆意外にもすんなりと受け入れ、
書き込む。
 
全員が書き終わった後、
娘が小さい頃から遊んでいるメルちゃんを議長に任命。

 

f:id:del-blog:20181028124556j:plain

任務の重大さに武者震いするメル氏
(娘はんによる制服とドレスのコーディネートがシュール)
 


メルちゃん
「みなさんこんばんは、
私はメル議長です。
これからみんなが書いたものを読んでもらいますが、
ルールが2つあります。
 
一つは、発表している人の言葉は最後まで聞くこと。
もう一つは、発表したことにえーとかダメ、とか否定しないこと、です。
いいですか?」
 
全員「いいです!」
 
そうして意外にもスムーズに、
我が家の家族会議はスタートしたのでした。

夫や娘はんの発表を聞いて、

へえそんなこと思ってたのか、

という発見があったのと共に、
私自身の思いも紙に書いてそれを読むことによって、
「圧少なめ」wに、
フラットに伝えられるような気がしました。

恐らく同じ質問でも、
私の口からみんなに投げかけると、
「私が期待するような答え」を意識、無意識に関わらずしてしまいがちなところを、
紙に書かれた質問に答える場合、
間に「紙」というクッションが入ることによって、
「対人間」味が薄れるのでは、と推測。
 
たかが紙、とやや思っていましたが、
やってみてわかるこの違い。
 
発見でした。 

ちなみにこちらが
娘はん(小1)が書いたもの。

 

f:id:del-blog:20181028124708j:plain

絵を描くのが好き


 
最初、
「こんしゅういやだったこと、つまらなかったこと」は
「わかんない」だったのが、


パパが
「最近娘ちゃんが真ん中で寝てくれなくて寂しいこと」と書いたら
「あ、あった!」と
「パパがまんなかでねてってゆうこと」と(笑)
 
狭いところが大好きな娘はんは、
最近ベッドと壁の隙間の恐ろしく狭いところに挟まって寝ている(私側)のです。

 

f:id:del-blog:20181028124809j:plain


リアルすみっこぐらしかよww
 
床も冷たいであろうに、
子供とは全く不思議なものですなぁ。
 
そして夫と私がぐっときたのが、
娘はんの「かぞくのだれかにやってほしいこと」に書かれていた
「たのしくいてほしい」という言葉。
 


あんたほんとに小1ですか???
 
昔から中身大人疑惑のあった娘はんですが、
自分の希望よりも家族の幸せを望む姿に、
親バカ全開で感動したのでした。
 
そこから
「じゃあみんながたのしくいるためにできることって何かな?」
という議題で話し合っているうちにグダグダになってきたので、
メル議長の挨拶により第1回家族会議は終了。
 
家族会議をスタートすることができて満足していた私ですが、
この後本当の家族会議の威力を知ることになるのでした。
 
続く。