del(デル)の人生探究日記

夫婦関係、子どもの教育、働き方、ファッションなど、人生を楽しむために日々探求し、その気づきを綴っています。

del(デル)の試行錯誤〜仕事編③ 起業前にやっておいてよかったこと(2)〜

こんにちは
del(デル)です。
 
私の働き方の試行錯誤っぷりを書き始めました。
よかったら覗いてやって下さい。
 
仕事編① 会社員時代
仕事編② 起業前にやっておいてよかったこと(1)

 
さて、
前回の記事で
 
「起業したい」と思っていた会社員時代、
起業に向けて意識的にやっていた準備が1つと、
後から振り返ると大事だった準備が1つあり、
 
前者は「貯金」である、
と書きました。
 
今日は後者の、
「後から振り返ると大事だった準備」
について書こうと思います。
(このペースで書き終わるのか・・・)
 
それは何かというと、
ちょっとありきたりかもしれませんが
「ブログ」です。
 
その理由は
①ファン作りにつながった
②発信力の基礎が鍛えられた
からです。
 
実は今から10年ほど前のアパレル会社員時代、
3年付き合った彼氏と別れ、
仕事も行き詰まっていた私は、
誰にも言えないネガティブな思いを吐き出すために、
ペンネームを使ってブログを書き始めました。
 
もうアカウント自体消してしまったのですが、
最初はもう自分でも引くぐらい暗い内容でw
 
でも、
せっかく書くなら、と
ツッコミいれてみたり、
ちょっとギャグを入れてみたり、
段々読者を意識するようになったら、
定期的にコメントをしてくれるファンの方ができてきて。
 
その後、
自分の学びのシェアやブックレビュー、
オススメコスメとか、
とにかく自分の好きなことを好き勝手書き散らかしてw、
それに共感してくれる人がいることが嬉しくて、
特に目的も無いのにほぼ毎日書いてました。

記憶は定かではないですが、
記事をアップすると平均して500アクセス位あったと思います。
 
それから起業しようと決めた時、
当時通っていた集客セミナーでも、
毎日ブログを1記事以上書くように言われたので、
新しいアカウントを作ろうと思ったのですが、
既に結構読者がいたので、
そのままタイトルとプロフィールだけ変えて書き続けました。
 
ありがたいことに、
当時既にファンが何十人かいたので、
メニューをアップしたらすぐにお申し込みが入ったのは
その後のモチベーション維持にはよかったかなー、
と思います。
 
これまで起業支援した方の中には、
「最初の一人」のお申し込みがなかなか入らなくて、
そのまま自信を無くしてやめてしまう、
という方がとても多かったので。
 
とはいえ、
私自身も、
定員3名に対してブログからのお申し込みは1名のみで、
あとは知り合いに相当メールしました。
 
そうそう、
最初のイベントは、
自宅で開催した、
子連れOKのファッションセミナー(2,000円)でした。
 
後は、
サービスに申し込む前に、
ブログのバックナンバーを読み込んで下さる方が多くてw

「昨日徹夜で全部読みました」とか(笑)
 
そういった意味で
①の「ファン作りにつながった」と思います。
 
②の「発信力の基礎が鍛えられた」はもうそのままで、
結局起業すると、
自分のサービスは自分で発信しないと誰にも気づいてもらえないので、
「発信し続けること」が不可欠なんですよねー。

起業したての頃は、
なかなか記事が書けなくて、
1つの記事を書くのに2、3時間かかるのはザラ。
 
それでも
「どんなに苦しくても毎日1記事書く」を10年位続けていたので、
だいぶ「発信筋」がついたのでは、と思います。
 
ここ数ヶ月サボっていたので、
だいぶ筋肉衰えてますが(^^;


ということで、
会社員時代にやっておいてよかった準備は
「貯金」と「ブログ」でした。
 
あーん
全然話が進まないーーーー(涙)


続く